scroll

やわらかな口当たり
ふわりと蘇る
りんごの余韻

マノワール・アプルヴァル

カルヴァドス&シードル

MANOIR D'APREVAL | フランス・ノルマンディ地方

カルヴァドスとシードルを作る20世紀初頭創業の家族経営の生産者。最初は約25ヘクタールの土地を開墾して、作物栽培と家畜飼育とを組み合わせた混合農業からスタート。りんごを含めた果物栽培の傍ら、羊や牛、雌鶏を飼育していました。その50年以上かけて育まれてきた農園のりんごを原料にして、カルヴァドスの生産に着手したのが1960年。更には1997年よりシードルの生産を開始しています。

生産者

現在のオーナーは最初に事業を起こした当主の孫娘にあたるアガテ・レタリー女史。 彼女が就任した1998年にはカルヴァドスとシードルの生産に特化すべく、農園のすべてをりんご栽培(一部洋ナシ)に切り替え、新たに1800本分のりんごの木を植樹。大胆な路線変更に踏み切り、現在はその体制がしっかりと定着し、更なる進化を遂げる過程の中にある生産者です。

ロケーション

ノルマンディ地方の港町、オンフルールの端の高台に居を構え、カルヴァドスとシードルを作る生産者。そこからはイギリスとフランスを隔てているイギリス海峡が見渡せるロケーション。カルヴァドスの生産地的観点からすると、最も良いものを産するAOCペイドージュ地区と、コート・ド・グレース地区(AOCカルヴァドス地区)にまたがるエリアです。

3つのPOINT!

りんごに対する
徹底したこだわり

現在では、自社畑にて17種類ものりんごを育てており、そのすべてがフランス政府からの有機認証を受けています。アプルヴァルで生産されるシードル、カルヴァドスは、そのすべてが自社畑で収穫されたりんごを原料にそれらを巧みにブレンドして使用することが最大の特徴です。

商品毎に違う作りの行程

特にはカルヴァドスにおいて、熟成に使用する樽の大きさや新旧、その使い分けやそれぞれの熟成期間等、商品のラインナップごとに作り方が違います。

絶大な
コストパフォーマンス

他ブランドの同スペック商品との比較で、その優位性は明確。 高品質商品を、十分納得いただける価格で楽しんでいただきたい生産者の良心的思いが反映されています。

LINE UP

圧倒的コスパを誇る
"ミドルレンジ"

アプルヴァル
グランドリザーブ(10年~12年)

400リッターのオーク樽にて熟成。
最初の1/4の期間を新樽、残りの期間は古樽を使用。
りんごの香味が心地よく漂うやわらかな飲み口が特徴。

700ml Alc. 42度 5,550円(税抜)

アプルヴァル
XO(18年~24年)

1200リッターの大きな新樽で熟成させた後、400リッターの古樽に移し変えて熟成。
りんご由来の香味と、熟成による複雑な要素との見事な調和が楽しめます。

700ml Alc. 42度 8,330円(税抜)

存在自体が貴重な
"珠玉の古酒"

アプルヴァル
キュヴェ・ヴィクトール
(30年以上)

1200リッターの大樽で完熟した後、400リッターの樽に移し変えて熟成。
古酒としての醍醐味を遺憾なく発揮。究極のバランスを携える極上酒。

700ml Alc. 41度 13,800円(税抜)

アプルヴァル
ポモー・ド・ノルマンディ

自家農園産有機栽培リンゴジュースを3分の2、若いカルヴァドスを3分の1ブレンドして、オーク樽で18~24ヶ月熟成させたほんのり甘いリキュール。
アペリティフや食後のデザートに。

350ml Alc. 17.7度 1,640円(税抜)

アプルヴァル
シードル

航海輸送時にリーファー(定温)コンテナを使用することはもちろん、現地輸送や日本到着後の保管に関しても一定の15度管理することで、鮮度と品質維持に努めています。

際立つりんごの品質、
「オーガニックシードル」

アプルヴァル
シードルBRUT
コート・ド・グレース

9月~12月にかけて収穫した自社農園の有機栽培りんごを100%原料に使用した辛口タイプ。丁寧な製造工程で引き出されたりんごの純粋な風味が、食中酒として圧倒的真価を発揮。

750ml Alc. 5度 1,290円(税抜)

アプルヴァル
シードル キュヴェ・サン・ジョルジュ
(AOCペイ・ドージュ)

使用するりんごの産地や種類・製法上の様々な規定をクリアしたAOCペイ・ドージュ規格の最上級シードル。9月~12月にかけてペイ・ドージュ地区で収穫した自社農園の有機栽培りんごを使用。

750ml Alc. 4度 1,550円(税抜)

ノルマンディー地方は牛乳の一大産地として知られ、それに伴うチーズやバターなどの乳製品も非常に有名。
白カビタイプの代表となるカマンベールや、リヴァロ、パヴェ、ポン・レヴェック等のウォッシュタイプなど、世界的に有名なチーズの産地として知られています。
現地ではそれらを使った料理と共に、食卓で日常的に楽しまれています。

掲載している商品はお酒です。お酒は20歳になってから。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を及ぼす恐れがあります。